Daniel Silva exhibition at apéro - アペロ ワインバー / オーガニックワインxフランス家庭料理 - 東京都港区南青山3-4-6 / apéro WINEBAR - vins et petits plats français - 2016
Daniel Silva exhibition at apéro
6月1日 (月曜日) to 7月31日 (金曜日)
Price:
not available

Daniel Silva x apéro. wine bar

これから数ヶ月間、ダニエル・シルバ(Daniel Silva)の作品をアペロで展示します。

 

 ダニエル・シルヴァ

1981年生まれ。イタリア人作家として活動し、現在はロンドンを拠点にしている。2014年にロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校を首席で卒業。The Daniel Ford Award for Innovationを受賞し、Saatchi New Sensations Art Prizeに入選。日本での活動としては、2017年にはAir Onomichiにて、2019年には3331 Arts Chiyodaにてアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加。

彫刻やインスタレーションを主なメディウムとして扱い、自然やテクノロジーに着想を得て作品化する。2019年にアーツカウンシル東京の助成を取得し、2020年の東京オリンピックに合わせて、テクノロジーとアルゴリズムを活用した、50箇所に点在する庭をテーマにしたプロジェクトを手掛ける。2020年4月、アートフェア東京後に「庭園のカケラ」と題して展覧会を開催予定。詳しくはこちら(www.fragmentedgarden.com)。

 

A Fragmented Garden / 庭園のカケラ

A Fragmented Gardenはアグレッシブに創作活動を行うアーティスト、ダニエル・シルバが提案する新しい庭造りプロジェクトです。種が埋め込まれた50個の"Nendo Dango:粘土団子"を東京中に配り、"Nendo Dango "から発信される情報を基にテクノロジーとアルゴリズムを使用して、それらが一体となるシステムの構築に挑みます。

この庭は参加者が"Nendo Dango"をそれぞれの場所に置くことで成立する新しい種まきの手法によって作られます。 それぞれの粘土団子の植物の成長の様子と、温度、時間、位置情報をアーティストに報告します。そうして集められたデータは、アーティストによって分析され、アート作品の一部となります。

 

アペロにてダニエル・シルヴァの作品を展示していただけること、嬉しく思います。

 

 

作品一覧

 

• タコ

2019

タコの魚拓

墨、紙

¥140,000

 

• タコ

2019

タコの魚拓

墨、紙

¥140,000

 

• 10 

2019

尾道帆布, コラーゲンと鉄の粉 

¥560,000

 

• 波状の牽引力

2019 

尾道帆布, コラーゲンと鉄の粉 

¥500,000

Daniel Silva exhibition at apéro- アペロ ワインバー / オーガニックワインxフランス家庭料理 - 東京都港区南青山3-4-6 / apéro WINEBAR - vins et petits plats français - 2016
Daniel Silva exhibition at apéro- アペロ ワインバー / オーガニックワインxフランス家庭料理 - 東京都港区南青山3-4-6 / apéro WINEBAR - vins et petits plats français - 2016
Daniel Silva exhibition at apéro- アペロ ワインバー / オーガニックワインxフランス家庭料理 - 東京都港区南青山3-4-6 / apéro WINEBAR - vins et petits plats français - 2016
Daniel Silva exhibition at apéro- アペロ ワインバー / オーガニックワインxフランス家庭料理 - 東京都港区南青山3-4-6 / apéro WINEBAR - vins et petits plats français - 2016